フォーリンアイズのDIAと着色直径が分かること

カラコンを選ぶ時に見ておきたいのが着色直径です。レンズ直径と必ずしも比例しません。
案外知らずに買うことも多かった着色直径についてです。
レンズ直径(DIA)については意識しないということはないでしょう。
カラコン通販サイトでも、レンズ直径ごとに分類されてたり、ランキングされてたりしますし、何より目の印象に大きな影響を与えるのがレンズ直径ですからね。
では着色直径はどうでしょうか。
文字通り、着色されてる、色がついてる部分の直径です。
ということは、レンズが大きければ、それだけ着色直径も大きくなるのかというと一概にそうは言えないということなんです。
レンズ直径と着色直径は比例しないということです。

では実際に、カラコンで比較してみようと思います。
比較するのはeyemake1dayとビーハートビーメアリーでいいかな。
どちらもワンデーで14.0mmのレンズです。
レンズ直径だけを見ると、どちらも14.0mmなのですが、着色直径は、eyemake 着色直径:12.8mmでビーハートビーメアリー 着色直径:13.2mmなんですね。
0.4mmも差があるんです。
つまり、ビーハートビーメアリーのほうが、色のついてる部分は大きいんです。
それを知らずに、レンズの大きさが一緒だからと思って両方つけてみると、何となく大きさが違うと感じるかもしれません。
カラコンを選ぶ際は、ぜひ着色直径も比較してみてください。なかなか興味深いですよ。

そして、私が数多くあるカラコンの中でこれぞユーザー目線だなと思うのがフォーリンアイズなんです。
その理由は簡単です。というのも、公式サイトに載っているデータというのが、レンズ直径、着色直径はもちろんですが、合計4つの数値が載っています。
ほとんどのカラコンでは、レンズ直径は絶対載っていますが、中には着色直径すら載せてないのもあります。
フォーリンアイズの場合は、それだけではなく、内径といって、内側の透明部分も数値や直色部分だけの大きさまでも掲載してくれています。
買う側からすると、数値は細かいにこしたことはないでしょう。
ボビーならDIA14mmで着色直径13.2mmとうのが一目で分かります。

本質を追求するカラコンと打ち出し方

14.5mmになったプシーカラコンでも盛れる!
JILLといえば、デカ目で盛れるって声が多いカラコンですよね。
プシーカラコンが14.8mmあったDIAが14.5mmになったんですよね。

着色直径でも14.2mmあるんで、結構それでも大きいかなと。
ただ、デザインが前の2つとは全然違います。カラバリも3色になりましたし。
太いフチがサークルになってて、これが見た目に差をつけてくれるんですよね。
ちゅるんってなる、くるっくりになるってのはこのデザインの影響が大きいのかな。
でも、この14.5mmになったのがポイントかも。
14.8mmだとちょっと大きいかなと思ってたのが、このサイズだったら丁度良かったりするからね。
何と言っても1年使用なので、普段使いできるもののほうが使いやすいかもしれないし。
まあ使い方とか色の好き嫌いは人によって違うから何ともいえないんだけどね。
個人的には、DIAも1年使用なのもプシーカラコンの好きなところではあるんですよね。